ALMI

  • お電話
  • メール

AL50KS 軽量、500mmの切断幅を持つインターロッキング用ブロックカッター

他のブロックカッターと比較すれば、デザインも異なり華奢に見えますが500mmのブロックが切断可能です。

弊社、他のブロックカッターとデザインが異なる50KSブロックスプリッターは、自重が軽量、そして幅の広いインターロッキングブロックの切断用に開発されました。 本体は23kgと軽いですが、500mmまでのブロック幅に対応するほと機構自体は非常に頑強です。 本機にはそれを可能にした数点の特許技術が含まれています。

切断可能ブロック長 500mm
切断可能ブロック厚 50~120mm
機械重量 23kg
切断刃 ソリッド四角型
対応石材 インタ―ロッキングブロック

このブロックカッターの特長

エキセンカム機構

弊社の全ブロックカッターの切断加圧方式はエキセンカム機構を採用しております。エキセン(Excentric)とは「芯ズレ」。回転する軸に軸と中心をずらして円形のディスクに駆動を伝えるメカニズムの事で、 要は大きい回転量の小さな力を、小さい直線運動量の大きな力への変換が可能になります。 それまでの手動油圧式の数回繰り返すハンドル上下操作での切断刃への加圧を、軽いハンドル操作で このエキセン機構によって一気にブロックへ伝えて切断できる事になります。例えば10kgのハンドルへの加重で理論値で1トンの力が切断刃に伝わります。 更に機構としてのスペースは手のひら程しか必要がなくなりますので機械重量は必然的に軽くなります。

切断刃 ソリッド四角型(標準)

一般のコンクリート2次製品の切断に最も適した硬度と靭性(粘さ)を有したバネ鋼を使用しております。形状は四角柱ですので、1本で4辺が使用可能ですので経済的です。 弊社の手動式ブロックカッターの大半の機種はこの切断刃を採用しております。

高精度の溶接技術

弊社のブロックカッターは自動化されたロボット溶接設備で溶接されております。 コンピュータ制御された溶接設備は複数の溶接ロボットを備えた操作ロボットと加工材を装着するマニピュレータで構成されています。また、この工程において無線周波数識別(RFID)を用いた部品識別システム、溶接シームサーチシステム、溶接シームトラッキングシステム を採用していますのでブロックカッターの溶接部は高度の精度が保たれております。

耐久性

弊社のブロックカッターは生産開始から35年以上にわたり現場での酷使を前提として常に機能を洗練し進化させてきました。その耐久性においては全世界で数十万台の納入実績が証明しております。特に切断駆動部であるエキセンカム機構は本体どの部分より耐久力に優れており、日本においても消耗による故障はいまだ皆無に等しいほどですので、間違いなく長期間、作業の生産性に大きく寄与します。